logo
ピッキング支援ロボットAMRのご案内
マテバンクxラピュタロボティクス社

AMR(ピッキング支援ロボット)は実用性が高く、導入コストは比較的小さいロボットとして、国内の様々な企業が導入し始めています。
AMR導入後、ピッキングの生産性が従来に比べて2倍以上にアップした実績もございます。

マテバンク限定特典付きでラピュタロボティクス社のAMRを紹介
ラピュタAMR(ピッキング支援ロボット)を導入すると生産性が向上する3つの理由
商品探し&ピック時間の削減-2
移動(歩行)時間の削減+移動スピード向上
ピッキング支援ロボット導入前、導入後の移動距離の比較

従来のピッキング作業は、台車を押してピッキングエリアを回り、ピックが完了した後に梱包エリアまで戻る、という作業の連続でした。

ピッキングの作業時間のうち、棚と棚、あるいは棚と回収場所を移動する歩行時間は約6割を占めると言われています。
台車を押しながらの移動となるため通常の歩行速度よりも遅くなってしまうほか、長時間のピッキング作業は重労働となり、
繁忙期は過酷な労働環境にならざるを得ない状況となります。

ピッキング支援ロボット(AMR)導入後は、ロボットが荷物の運搬を行います。
ピッカーは棚とピッキングエリアを往復する必要がなくなり、ピッキングエリア内の移動で作業を完結させる事が可能です。
移動距離の削減だけでなく、ピッカーは手ぶらで移動する事が可能になり、移動スピードの向上も見込めます。

商品探し&ピック時間の削減
ピッキング支援ロボットAMRのピッキング支援ロボットを使ったピッキング作業の流れ
ピッキング支援ロボット導入後のピッキング時間削減効果

従来の作業では、下記のように商品1つをピッキングするのに多くの工程が必要でした。

・ピッキングする商品のあるロケーションまで移動
・指定の棚内での商品探し
・注文伝票と照合してピッキング

ECサイトやB2Bのパーツセンターなど、管理するSKU数が膨大な倉庫ではロングテール商品の取り扱いも多く、
見慣れない商品のピッキングに時間を要してしまう、という課題も抱えていました。

AMR導入後はプラットフォーム「rapyuta.io」が注文データを処理し、ロボットが最適な経路でロケーションに移動し、ピッキング指示を行います。
ピッカーが従来行っていた作業(棚探し、ロケーション探しや伝票との照合)はロボットが代替するため、
ピッカーはピッキング作業に専念することが可能となりピッキング時間の短縮、生産性向上に大きな力を発揮します。

教育時間の短縮、教育コストの削減
ピッキング支援ロボット導入後の教育時間、教育コストの削減効果
ピッキング支援ロボット導入後の教育時間、教育コストの削減効果

従来のピッキングはスタッフの熟練度によって生産性が大きく異なる作業です。
ベテランと新しいスタッフの生産性の差は大きく、新しいスタッフが一人前の戦力になるまでには一定の期間が必要となります。
OJTを実施した際は作業リソースが不足し、一時的に生産性を大きく落としてしまうという教育コストの問題も付きまといます。

AMR導入後はロボットのピッキング指示に従うだけでピッキング作業を進められるので、
新しいスタッフでもすぐに効率よく作業が可能となり、教育時間の短縮、教育コストの削減が実現できます。
派遣、パート人材を効率良く稼働させる事が可能になり、フレキシブルに人員を増減させることで波動対応も容易になります。

ラピュタAMRなら小さな投資&短期間で-2
ピッキング支援ロボット(AMR)とAGV、大規模マテハン(自動倉庫との比較)
ピッキング支援ロボット(AMR)とAGV、大規模マテハン(自動倉庫)との比較 (2)

従来の物流ロボットはコスト高が導入のネックとなっていました。

ロボット自体のコストだけでなく、倉庫全体のレイアウト変更やオペレーションの見直しなども含めると数億円規模のプロジェクトとなり、投資したコストを回収する見通しを立てる事が難しい、という課題を抱えていました。

AMRの場合、既存レイアウトを変更する必要はなく、初期コストを抑えての導入が可能です。
コスト回収が難しかった小~中規模倉庫とも相性が良く、生産性向上に大きな力を発揮します。
要件定義~実稼働まで最短4ヶ月で導入可能なスケジュール感もAMRの魅力の一つです。

AMRはこんな倉庫で活躍します!
AMRの導入効果を得やすい条件
AMR2
AMR導入ご検討の流れ
AMR導入ご検討の流れ(2)

本ページより資料請求していただき、最終的にAMRの導入を行われたお客様には以下の特典をお付けいたします。

ピッキング支援ロボット、ラピュタAMRご成約特典

ぜひこの機会にラピュタAMRの導入をご検討いただけますと幸いです。

ラピュタAMR 資料請求フォーム

本キャンペーンは、この度MATEBANKとrapyuta roboticsが業務提携を結んだことにより実現いたしました。
今後も両社のリソース、ノウハウを活用し、リユースxロボティクスで下記のようなサービスをご提供して参ります。

・中古物流機器やロボットを活用した、小さな投資で生産性を向上させるソリューションのご提案
・SDGsへの取り組み促進活動
・その他倉庫・物流業界の発展に貢献できる各種サービス

倉庫・物流事業に携わる皆様に、少しでもお力添えができれば幸いでございます。
今後ともよろしくお願いいたします。


マテバンクは物流機器(マテハン)がご不要になったお客様と、新設や拡張のために物流機器を必要とされるお客様とをマッチングし、物流機器のリユースを促進するサービスです。

お取り扱い機器の例

取り扱い商品例

マテバンクではいつでも豊富に中古物流機器の在庫を豊富に取り揃えています。(2021年12月時点:852種類、42,928点)
ぜひ一度弊社サイトをご覧ください。

logo-1

フリーコール  ✆ 0800-100-2900  平日9:00〜18:00
運営会社:株式会社ハイペリオン
古物商許可番号:東京都公安委員会 第305511208549号